ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< 19の純情 第115〜126話 | main | 19の純情 第127〜167話(最終回) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
花ざかりの君たちへ 第4話
★★★★★★★★★☆ 

放送に合わせてゆっくりみるつもりが、とまらなくなりそうです。いま気持ちが一番入っているドラマなので。おもしろいドラマは他にもありますが、自分の好み揺れるハートの男性(俳優&役柄)が出ているドラマはやめられませんね。
中津のサッカーの試合です。中津は瑞稀の応援を楽しみにしていて、妄想までしていましたが、実際に応援にきたのは瑞稀だけでなく他の友人も一緒でした。
期待するような雰囲気ではなくがっかりしてしまいますが、それでも試合はがんばります。シュートも決めていましたね!

瑞稀や佐野、中津たちが、一緒に歩いている時のこと(私服)、
他校の陸上部、高跳びの記録を持つ神楽坂がやってきます。佐野が再び高跳びを始めるという噂を聞いて、様子を見に来たようです。
神楽坂の佐野たいする言葉に腹を立てた瑞稀は、激怒。神楽坂にくってかかります。瑞稀、相手が誰だかも知らず怖いもの知らずですね。

神楽坂は、そこから去る前に瑞稀のこと、お嬢ちゃんって言うんですね。佐野は、神楽坂に瑞稀が女だとばれたと思い、内心ハラハラして落ち着かない様子。
そもそも、瑞稀が「バカじゃないの?」と発言したことで、中津たちも女みたいな言葉を使うヤツだと言っていて、でも彼らは男だと思いこんでいるので疑ったりはしないのですが。

(もっと後のシーンだったかもしれないけど)
瑞稀はもっと男らしくしなければ・・と、声を低くしてみたり、言葉をかえてみたり。全然、男らしく見えないんだけど(^^;) 佐野にはそんな瑞稀の考えていることはお見通しでした。ウーズン、痩せているようでも筋肉質だから、腕など太くて、瑞稀が佐野@ウーズンの側にいると、体系的にも女性にしか見えないですよね。まあ、もともと男性には全然見えませんが。堀北真希ちゃんよりは男の子に見えるかな。

高跳びの練習を遅くまでしている佐野に、メモとポカリスエットを残す瑞稀。佐野は嬉しそうで、寮に戻り、お礼に瑞稀の好きな缶ジュースを買って部屋に戻ります。
瑞稀にジュースをあげるのだけど、なんとなく気まずい感じで。
瑞稀は、メモを渡したりするのは女の子のすることだったかも・・と悩んでいて、佐野はメモとポカリに言葉でお礼をいうのは女の子に対しての場合だから男だと思っている現状を思うと、それは言えないという感じで、お互い悩んでいるんです。

そして、ある日、神楽坂がまたやってきます。佐野の練習場所を歩いている生徒に聞くのですが、みんな知らない?相手にしなくて、そこに瑞稀が通りかかり、捕まえられてしまいます。制服を着ているのをみて、男だったのか?と驚く神楽坂ですが、怪しいなどとは疑っていないようです。
叫ぶ瑞稀をかついで運動場にいく神楽坂。佐野の練習場所に行きます。聞かなくても知ってるじゃん!って思いましたが。
佐野にキツイことをいう神楽坂に瑞稀は怒るだけでなく、なんと頬を叩くという・・。本当に危ないですね、瑞稀は。すぐ必死になるので〜。神楽坂が叩きかえそうとするのを佐野が阻止。神楽坂、佐野と瑞稀を怪しいと思ったようで、ゲイと解釈したらしい。まあ女の子とばれなければ、それでもいいのですが。

裕次郎(犬)の散歩中、瑞稀は佐野に会いますが、佐野は元気がなく、そのまま行ってしまいます。瑞稀は、裕次郎に自分の過去を打ち明けます。誰もいないと思って、過去の自分の話を犬である裕次郎にしたんです。以前、すごく太っていたこと、食べる意外に楽しみがなかったこと、でも佐野のジャンプをみて気持ちが変わったこと、そしてダイエットをがんばったこと、自分が佐野に助けられたこと、だから佐野がもう一度飛べるように助けたいこと、などを話すのでした。

佐野は行ってしまったはずなんだけど、やっぱり瑞稀に悪かったと思い直したのかな、なぜか戻ってきていて、瑞稀の話を聞いていたんです。
瑞稀には、話の後に戻ってきたかのように言い、何も聞いていないフリをしていました。
瑞稀、自分の気持ちを聞かれると恥ずかしい、というのではなく、あの太っている姿を知られるのが恥ずかしいようですね。
佐野は、瑞稀の言葉を聞き「お前は神様がくれた天使かも。だめな俺を救ってくれる」と心の中でつぶやいていました。いい感じですね(*^_^*)

瑞稀に高飛びをする姿を見せようと、早朝、練習に連れて行くのですが、なかなか思うように飛べない佐野です。そんな佐野をみて、瑞稀は胸が痛くなり、佐野に後ろから抱きつき、わかったから、いつかはきっと飛べる、と泣きながら言います。
佐野は、瑞稀が逃げないことを教えてくれた、ファン1号なんだろ? 飛べるまで見守っていてくれというのでした。

瑞稀は何かあれば保険医の梅田先生に相談に行くのですが、佐野の状態は、体が治ってないのではなく、心の問題だと話します。無意識に体が怖がっているとか、そんな感じだったかな。怪しげな梅田先生ですが、たまには真面目なこともいうんですね〜。

瑞稀ですが、佐野を元気づけたいのだけど、男の子を元気づける方法がよくわかりません。中津が俺にまかせとけ!と言っていたけど、どんな方法を教えてくれるんでしょうね〜。続きは次回です。


|     花さかりの君たちへ〜花様少年少女 | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 21:46 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック