ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< 星が輝く夜に 第7話 | main | 窈窕淑女 第6話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
チャングムの誓い 第6話
(あらすじはBS NHKサイトより抜粋)
皇女が食事を摂らなくなり、水剌間(スラッカン)が皇女の食事も担当することになる。クミョンはチャングムの研究をヒントに、皇女の食事を作り問題を解決する。
中宗の誕生祝に明より錦鶏が贈られ、調理するまでの間、その管理をクミョンが任される。しかし飼育場の鍵がはずれ、錦鶏が逃亡。誰にも言えないクミョンは意を決し、伯父パンスルを頼ることに。錦鶏がいなくなったことに気付いていたチャングムはクミョンに手助けを申し出、夜中、一緒に宮中を抜け出す。

チャングムは万一に備え、トックにも錦鶏探しを依頼。翌日、中国からの交易船が入ることを知ったチャングムは港に行き、トックの手引きで申の刻(午後4時ごろ)錦鶏が入手できることに。クミョンと合流する約束の時間は酉の刻(午後6時ごろ)。一方その頃、水剌間(スラッカン)ではチャングム、クミョンと錦鶏の不在にチェ尚宮(サングン)、ハン尚宮(サングン)が気付いていた。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

クミョンはチェ尚宮のおかげで助かります。本当なら間に合うはずだったチャングム、途中、けが人にであってしまい、ほっておけなくなるのでした。
手当をするチャングム、その後、急いで戻るのですが間に合わず、宮中では大問題となります。むち打ち20回&追放みたいなことを言われていましたが、いったいどうなるんでしょう?

とんでもないことになってしまったのですが、今回助けた人物(男性)、今後、大きく関わってくるようです。
|     チャングムの誓い(〜14話) | 21:52 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 21:52 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック