ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< 19の純情 第101〜114話 | main | 天使のラブクーポン〜換換愛 第14〜16話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
花ざかりの君たちへ 第3話
★★★★★★★★★☆ 

3話は2度見てしまいました。こんなだから他のドラマを見る時間がなくなってしまうのね・・(^^;)
佐野泉@ウーズンを何度も見たくなってしまうんですよね〜ラブラブ
ウーズンドラマは他にも見ていますが、佐野泉のときの髪型が一番好きです(*^_^*) 冷たいけど優しい、佐野くんもツンデレといってもいいのかな、そういうタイプの役、惹かれます。
だけど、入江直樹と佐野泉ではだいぶ違いますね。佐野くんが冷たいのは最初だけで、だんだん(すでに)優しくなってきているし。入江くんは、琴子と結婚した今でも、かな〜り冷たい・・もちろん根が優しいのはわかっています(^^)

佐野と昔の同級生の理香が、瑞稀に声をかけます。理香は、佐野瑞稀のいうことを聞くのがおもしろくないのかな、瑞稀に佐野に近寄らないで、と言います。
理香は、「高飛びをやめ、優勝できない彼なんて、泉ではない」と言います。だけど、瑞稀は反論、優勝しなくても飛ばなくても彼は彼、佐野は飛ぶのが好きなんだ、優勝なんて関係ないといいます。
理香はそんな瑞稀を叩こうとするのだけど、そこに佐野くん登場。瑞稀をかばうんですね〜。理香に、キツイことを言って追い返します。

そんな佐野に感謝をするどころか、理香にひどいことを言ったと佐野を責める瑞稀。
佐野は、そんな瑞稀に腹を立ててしまいます。なんのために俺があんな態度をとったと思ってるんだ!と思っているようで・・。

佐野くん、こんなに早くから(自覚しているかどうかはともかく)瑞稀を気にしていたとは・・。女の子だとわかって気を遣っているというより、すでに気持ちが入ってきていますよね。瑞稀は長年の想いがあるから、側にいて気持ちが深くなるのはわかるけど。

まあ確かにおせっかいではありますね、瑞稀は。まだそんなに親しくない関係でありながら(知り合って短いし)、深入りしすぎです。でも、それが結果的にはよい方向へといくんでしょうけど。

ところで、中津ですが、すっかり瑞稀を意識しちゃって、かなり変です。瑞稀に心配して見つめられると、その目にクラクラしているようだし、瑞稀のアメリカの友人ジュリアの写真をみて、彼女がいるのか?とショックを受けたり。でも友人だと聞き、喜ぶ中津。

佐野くんですが、ずっと不機嫌なまま、口を聞きません。部屋にもあまりいないし、瑞稀がいろいろ話しかけても無視。瑞稀、かわいそう〜。
瑞稀が佐野とケンカし、無視されていると、みんなからだいぶ遅れて気づいた中津。なんてことだ!と佐野に激怒、瑞稀を心配します。

佐野くん、それにしても、あんなに怒らなくても〜という感じですよね。あんなに怒ることかな・・って思っちゃう。こじれてしまって、今さら許せないって感じかしら。
でも、きっかけを失っているというより、どうみても、まだ怒っているんですよね。必死で佐野に話しかける瑞稀に、とうとう態度で怒りをあらわにする佐野。
部屋で瑞稀に怒鳴るんです。「俺が誰のために理香を怒鳴ったのか、考えたことあんのかよ」って。こういうことをず〜っと考えているあたり、すでに瑞稀に気持ちが入ってるとしか思えませんよね。

佐野が部屋を出て行ったあと、ショックを受けて座り込み涙がでてくる瑞稀。
そこに中津がやってきます。泣いている瑞稀をみて、心配します。佐野をいつも怒らせてしまうという瑞稀をなぐさめる中津。
泣いている瑞稀を抱きしめたくなってしまうんです。でも男同士だから・・。必死でがまんして、頭をなでてやる中津。

その頃、佐野は瑞稀に怒鳴り傷つけたことを後悔しています。そして、瑞稀が好きだと言っていた缶ジュースを買って部屋に戻ろうとするのだけど、中津がいることに気づき、部屋には入らないのでした・・。

中津は、瑞稀がかわいそうで、佐野を責めます。瑞稀にもっと優しくしてやれという中津。佐野の、なんでそんなに気にするんだ?という言葉に、動揺する中津。ゲイではないぞ、親友だとか、必死になっています。
そんな会話をしながら(2階廊下)、1階で瑞稀を発見。難波先輩が、瑞稀の肩を抱き、どこかへ歩いていっているのでした〜。

プレイボーイの難波先輩のすることなので、瑞稀を女の子だと知っている佐野は気が気じゃないようで、慌てて追いかけます。
そして・・二人が、講堂?にいるのを見つけます。「何をしているんだ」と入る佐野。ただコーヒーを飲んでいただけなんですね〜。佐野がひかないので、難波先輩、わかったよ、と出て行きます。

佐野に(瑞稀には聞こえない位置で)、「芦屋は学園のアイドルだ、あまりいじめるなよ」と言い、そして「狙っているのは俺だけではないようだ」って言いながら出て行く難波先輩。

瑞稀は自分が佐野を怒らせたと思っているから、二人きりになり、とっても気まずいんですね。佐野は、もう怒ったりはせず、自分がなぜ高飛びをやめたか本当の話をします。
理香をかばった事故でやめたとみんなは思っているけど、本当は避けられた、みんなからのプレッシャーに負けたんだと正直な気持ちを話します。

だけど、また飛ぶことにしたという佐野。今度は自分のために飛ぶという佐野に、瑞稀はとっても嬉しくなり、涙がでてきます。だれにもこの話はしていないという佐野、瑞稀には俺のファンなんだろ?と。泣きながらファン1号だという瑞稀。

そして、瑞稀は佐野に「なんでまた飛ぶ気になったの?」と聞きます。ここまでの展開で、それはわかるだろ〜!!って、佐野は思っていたかしら。
「ちょっと本気になってみようと思って」と答える佐野に「今までは違うの?」という瑞稀。そんな瑞稀の反応にあきれ顔で、『ニブイ女・・』と心の中でつぶやくのでした〜。

仲直りした佐野と瑞稀。今回のケンカで、より仲良くなったようですね。瑞稀はあまり変わってないと思うけど、佐野が全然違います。瑞稀を見る目がすごく優しいし、わざとからかって楽しんだりしています(^^)

ある日の食事中、バレンタインデーの話題になります。
男子校で出会いがないため、この学校の男子は、スポーツクラブの応援に行き、そこに応援にきている他校の女子高生と出会うチャンスを狙っているらしい。
そんな話題の中、瑞稀は佐野にチョコを渡すシーンを思い浮かべるのだけど、自分が男になりすましていることを思いだすのでした。
一方、サッカー部の中津は、瑞稀に試合の応援にきてほしくて、それを言いたいのだけど、なんだか緊張してなかなか声がかけられません。勇気をふりしぼり、瑞稀に話すと、もちろん行くという瑞稀に喜ぶ中津でした〜。

次回、ますます佐野と瑞稀の関係が楽しめそうです。中津の気持ちも、さらにupしそう〜。
|     花さかりの君たちへ〜花様少年少女 | 00:26 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 00:26 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック