ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< 19の純情 第26〜50話 | main | 19の純情 第51〜75話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
イタズラなKISS2 第18話
★★★★★★★★★★ 

今回はアーロンがたくさん出ましたね。アーロン、美形だと思いますが、どういうわけだか、そんなに惹かれない私です。飛輪海では、ウーズン、ジローが好きです(*^_^*)
琴子の性格、よく知っているはずの理美、そんな理美がよく琴子に頼みましたね〜。良の母親との初めての話し合いに同席してほしいと・・。
いくら仲良しでも、私だったら琴子に頼まないような気がするけど、でもまあ、心強くはあるかな。
琴子は相手の立場とかその場の雰囲気を考えずに、自分の気持ちに従って言葉が出ちゃうから、やっぱり、大変なことになってしまいました。母親の発言に激怒した琴子、確かにひどいんだけど、琴子の言い方もすごいですね、怒鳴っていました〜。
黙っていられず、抗議するにせよ、普通はもう少し抑えて言葉を発すると思うけど、琴子は気持ちのままだったわ・・。
理美も母親の言葉に傷ついたとはいえ、琴子の反撃には困ってしまうのではないかと思いましたが、そんなことはなく、琴子が言わなかったら自分が言っていたと・・。

その事実を知った良は理美と口論になってしまいます。良の反応も問題がありますね、まあ若いから仕方がないのかしら、自分の立場のほうが大事なようで。
そんな良の態度に、理美は結婚せずに子供は自分で育てると言い出してしまいます。琴子は責任を感じ、なんとか良と理美を仲直りさせようとするのですが・・。

そんな琴子を見ながら、入江くん、大丈夫かな〜という表情、琴子がクビをつっこむとろくなことがないと思っているんでしょうね。でも、それがよい方向に向かうことも多いんだけどね。それも入江くんはわかっているんでしょうね。

二人の結婚記念日が近づいているのですが、入江母が盛大なパーティを企画し、二人の友人にも招待状を出していました、
記念パーティ当日のこと、看護科の友人は招待状を眺めながら、嬉しい日のはずなのに落ち込んでいる琴子の様子を見ています。琴子、パーティのこと忘れているんじゃないの?と話していて・・。

クラスの子に、琴子が持っていたケーキは大丈夫か聞かれ(冷やさなくて)、突然、入江君との待ち合わせを思い出す琴子、慌てて帰るのですが、校内の建物の屋上に理美がいることに、みんなの噂で気づきます。
理美が自殺するかもしれないと思いこんだ琴子は慌てて屋上に行き、理美を止めるのですが、もちろん理美はそんなつもりはなかったんです。
だけど、お腹が痛いと倒れてしまう理美、驚いた琴子は、待ち合わせした入江くんがどこかにいるはずと屋上から叫びます。

普通、聞こえないと思うんですけどね・・入江君に聞こえるんですよね〜。琴子の声って、すごく大きいのね(^^;)
急いで駆けつける入江君、救急車を呼び良くんに連絡するように琴子に言います。琴子、携帯、持ってるじゃん!って思いましたが。屋上から叫ぶより電話したほうがよかったのでは? それとも入江くん、持ってないのかな〜、家からの電話も琴子の携帯にでしたし。

理美は出欠があったようで病院で処置してもらいます。慌てて駆けつけた良くん、理美を心配しています。琴子と入江くんの前で、正直な気持ちを話す良くん。最初はやっぱり負担に感じたようですね、まだ好きなこともやりたいし、他にいい人があらわれるかもしれないとも思うし、父親になるのは怖いし(良くん、父親がいないから)・・と。でも、今回のことで理美が大事だとわかったようです。
入江くんは、良くんの気持ちを否定することなく、誰だって父親になることは怖い・・と、良くんの気持ちを理解してあげていました。琴子も、理美は一人でいいと言いながらも今も良くんを愛していると言います。

理美は流産の危険はあるけど、赤ちゃんは大丈夫でした。今回の状態は、ストレスによるものが大きいようです。
病室に入る良、目覚めた理美は良に出て行くように泣き叫びますが、良は一生懸命、理美に謝ったり、理美と子どもを守ると言い、なんとか二人は仲直りしたんです!!

そんな二人をよかった〜という表情で見つめる琴子と直樹ですが、ふと琴子は、良くんと理美はなぜ正装しているの?と。琴子、本当に忘れていたんですね・・。
今日は結婚記念日のパーティじゃないと言われ、琴子、わすれてた、急いで行かなきゃ〜と。
そんな琴子を直樹は引き留めます。どうせもう間に合わないんだから、知らない人に合うより二人で過ごせばいいじゃないかと。琴子はお母さんに悪いと言いながらも、直樹の言葉は嬉しくて、二人ででかけることになりました。

観覧車に乗る二人、直樹が琴子の肩に手をまわしたり、なんだかいい雰囲気で。先週まで辛いことが多かったし、二人のラブラブぶりは久々です。
ちょうどケーキを持っていたと取り出す琴子、形はくずれているけど、二人でケーキをつつきながら、お互い、顔にくっつけたり、何度も軽いキスをかわす二人です。かわいいですね〜(*^_^*)

家にこっそりと入る二人ですが、両親に声をかけられます。1000人?もっとだったかな、お客をたくさん招待してのパーティだったので、両親の立場もなかったでしょうね。
パーティ嫌いのお兄ちゃんがそそのかしたの?というお母さん、琴子は理美の話をします。それは大変だったわね、と納得するお母さん。
そして、これは理美ちゃんに負けてはいられないわ、と二人を部屋に行かせ「励みなさい」って。早く孫が欲しいお母さんです。
琴子と入江くん、仲良しの夜を迎えられたんじゃないかな〜。部屋に入ったとき、楽しそうでした。

そして、看護科の授業です。くじを引き、琴子の相手にモトちゃんが当たってしまいます。嫌々しかたなく引き受けるしかなく・・。点滴だったんですよね。怖がるモトちゃん、その気持ち、よ〜くわかります。
啓太といえば、少し離れたところにいて・・。落ち込んでいるのか、元気がありません。琴子の失敗に、今までなら怒鳴っていた啓太。みんなが啓太に琴子を怒ってよ、と言うと、怒りもせず、練習しろと注射器?を琴子に渡して言ってしまいます。
そんな啓太を、みんな心配している様子。モトちゃんたら、ハッキリ、琴子のせいだと言います(いつものことだから意地悪い感じではないです)。みんなの前で告白したのに琴子は入江くんと仲直りしちゃって・・と。

啓太、かわいそうですね、早く立ち直って欲しいな〜。
|     イタズラなKiss2〜悪作劇2吻 | 20:19 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 20:19 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック