ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< 悪い愛 第11〜20話(最終回) | main | イタズラなKISS2 第13〜16話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
天使のラブクーポン〜換換愛 第12、13話
★★★★★★★★☆☆ 

いつも元気でジャディを応援してくれているシャオナンにも、いろいろあるんですね・・。
ジャディ、フォダーの試験合格のために、フォダーの部屋にテストの要点を書いたメモを貼るんです。成績優秀のリュウくんだったかな、頼み込んでノートを借りて。
エンシューがフォダーへつけた家庭教師がリュウくんで、フォダーの部屋の前で出会います。
ジャディは、リュウくんにノートを返して帰るのですが、部屋にたくさん貼ってあるメモ(付箋)を見て、ジャディが大変だったと思うとフォダーに話します。フォダー、嬉しかったみたい、その後、いろいろあって、ジャディを追いかけるんだけど(雨が降り出したし)、フォエンに先を越されちゃいました。あのときのフォダーの目が切なかったです。

ジャディが寝込んでフォエンが側にいて・・というのは、このときでしたっけ? すでに前回までにあったんだったかな? わからなくなりましたが、うなされてジャディは、フォダーを好きみたい、と言うんです。フォエン、ショックだったと思います。

フォダーは一生懸命、勉強し(友人もびっくり)、無事、試験には合格したみたい。でも、それで縁が切れるとジャディに言われ、内心、複雑なんでしょうけど、強がりみたいなことを言ってました。

ジャディは、フォダーにもフォエンにも関わらないようにしようと心に決めるのだけど、
シャオナンに蕾デパートの冬休みのアルバイトを申し込んだと言われて仕方なく・・。

フォダーは、友人ボーズたちにお金で協力しようと思います。フォダーが金持ちだと知っていても、それをあてにしたりはしない友人たちでしたが、フォダーはジャディと出会ってお金の大切さを知った、友人を助けたい、と申し出るのでした。
そんなフォダーの気持ちをありがたく受け取るボーズたち。

といっても、フォダーが自由になるお金を持っているわけではなく、フォエンに頼まないといけないようで、条件として会社で働くように言われます。
しかたなく引き受けるフォダー、軽く考えていたらフロアの管理をまかされたようで売上げupしないと、その婦人服売場はダメになるとか・・。責任重大です。

そのフロアではジャディが婦人服売場でバイトしていて、ジャディの邪魔をして喜ぶフォダー。
シャオナンはエレベーターガールをしています。

ジャディはシャオナンにお金を借りているのだけど、シャオナンが彼からお金をせまられていて、ジャディに返してもらえばいいという話を、たまたまジャディは立ち聞きしていて、自分のせいでシャオナンが困っていると思ったのかな。

ジャディ、アルバイトで前借りをし、シャオナンに黙って、シャオナンの彼にお金を渡します。でも、シャオナンはお金がないから彼に渡さないのではなく、お金だけのつながりになりたくなかったからなんですよね。

その彼、女の子とエレベーターに乗り、友達に返してもらったとかいう話をするのだけど、そこにはシャオナンが。シャオナン、ショックを受けます。彼にも、ジャディの行動にも。
偶然、シャオナンの彼と女の子の会話を聞いて様子をみていたフォダーが、みんなが降りた後、エレベーターに乗り、シャオナンのためにエレベーターを10分間、止めさせます。
そして、シャオナンに今だけ泣いて忘れろ、みたいなことを言い、肩を貸すフォダー。

フォエンはジャディのお金を渡す様子を目撃しているから、大丈夫なのか心配していたのだけど、大丈夫じゃなかったですね。
二人がエレベーターの前に行ったとき、扉が開いて、フォダーの肩で泣くシャオナンが・・。ジャディ、動揺していました〜。

そして・・昨日は放送、休みでしたね。ちょうど見たいところだったのですが、残念! といっても、昨夜は持ち帰りの仕事をしていて、数字が合わない理由がわからなくてテレビどころではありませんでしたが(^^;)


|     天使のラブクーポン〜換換愛 | 12:57 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 12:57 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック