ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< ザ・ホスピタル 第33〜34話 | main | ビリー・ジーン私を見て 全26話(※1話30分) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
ファン・ジニ 第11話
★★★★★★★★☆☆ 

チニは度胸があるというのか怖い者知らずというのか、大胆ですね〜。
チニ・・ミョンウォルは、明国大使に対して失礼と思われる態度をとり、みんなを冷や冷やさせますが、そこはミョンウォル、うまく言葉を交わし、明国大使を上機嫌にし、郷楽廃止計画を撤回させることに成功します。

ミョンウォルは相変わらずペンムへの敵意から決して舞を舞おうとせず、そんな彼女に松都教坊のほかの妓生たちは腹を立て、まるでいじめ?のようになりそうだったけど、そこにペンムが現れ無事逃れました。

一方で女楽の行首のメヒャンは、ミョンウォルに興味を示しを都へ呼びたいと考えるようになります。そんな時、ミョンウォルは自らペンムのライバルであるメヒャンに「剣の舞」の教えを請い、ペンムを倒せたら女楽の行首の座を譲ってくれと頼むのでした。
メヒャンは願ってもない申し出に喜びます。

キム・ジョンハンですが、ミョンウォルに宴での礼を言いますがするが、彼女の態度に思わず手を上げてしまいます。だけど、あの流れで頬を叩くのはやりすぎのような気がしましたが・・。すぐ手を上げるタイプには見えないキム・ジョンハンだったので、よほどのことがないと叩くのはどうなのかな〜。
まあ、ミョンウォルは彼の言葉を少し受け止めていたように見えたので、それでよかったのかな〜。

その様子を見ていたピョクケス。その話をプヨンに話すと、よほど怒っていたか、彼女を心配するあまりの行動だったか、どちらかだろうと言います。プヨンはジョンハンに気持ちが動きかけているので、それはそれで気になるようで、本人に直接聞いていました(たぶん)。ジョンハンはミョンウォルに惹かれたりはしないような口ぶりでしたが・・。

ピョクケスは、明国大使との一見で、ミョンウォルを気に入ってしまい、なんとか手に入れたいと思うようです。
だけど、ミョンウォルはそんな彼の誘いをうまくあしらうような感じで・・。

ある宴にくるように言われたミョンウォルは他に予定があると断るのですが、ピョクケスはその予定を身分による力でつぶさせたようです。
そのまま黙っているミョンウォルではなく、宴の場に姿をあらわし、ピョクケスは単純に喜んでいましたが・・。そこで、ミョンウォルはピョクケスにいきなり共寝を申し出るんですね。

願ってもない話で喜ぶピョクケスですが、同席していたジョンハンはかなり動揺していました〜。なんともないと言っていたけど、すでにかなりミョンウォルに惹かれているようですね(^^)
|     ファン・ジニ | 17:23 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 17:23 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック