ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< 命中注定我愛イ尓 第13話 | main | 素顔のイ・ジュンギ ~1st コンサート in ソウル~(DVD) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
その女 全20話
★★★★★★★★☆☆ 

おもしろかった〜(^^) 不倫に復讐に・・と、あらすじだけ読むと、ドロドロで重たそうだけど、見ていて気が滅入るような感じではなく、でも真面目な内容であり得ない展開に驚いたり、続きが気になって仕方がない感じです。あまり知られていないドラマのようですが、友人オススメのドラマということで見てみました。レンタルDVDもあったので、是非、見てみてくださいね〜。
<出演>
シム・ヘジン、チョン・ソンファン、オ・ユナ、チャン・ドンジク

<サイトあらすじ>
結婚12年目を迎える典型的な専業主婦で、良妻賢母を夢見るユン・ジス。大学教授の家父長的な夫チョン・ジェミン。妻ジスに息苦しさを感じジェミンはオ・セジョンという女に溺れてしまう。離婚を言い渡されジスは悩み苦しみ泥沼の末に離婚を決心する。離婚後、ジスはテレビ局のプロデューサー ク・ドヨンに出会い心惹かれるが、ドヨンは他の女性と結婚しアメリカに渡ってしまう。ジスは小さなインテリアショップを開いて仕事に没頭し、ジェミンはセジョンとの恋が上手くいかずジスに未練を残していた。二年後、偶然再会を果たし不倫の恋に落ちるジスとドヨン。運命のイタズラなのか、ドヨンの妻は、かつてジスの家庭を壊した女、オ・セジョンだったのだ。不倫に泣かされた被害者ジスが、不倫の加害者になったのである。二年前と逆の立場に立たされたジェミンとセジョン。復讐を意図せずにドヨンを愛し始めてしまったジスは・・・

<感想>
セジョンは本当にひどい女でした。妻子ある男性と恋愛関係を持ち、離婚まで追い込んでおきながら、離婚は望んでいない・・というセジョン。すでにドヨンに心が動き始めていたからね、それならそこですぐ手をひけばよかったのに。ジスが、あんなに辛そうに、セジョンの方から別れて欲しいと頼んだのに〜。

それなのに、ジスの留守に教授とジスの家に行き(教授が忘れ物?を取りに帰った)、ジス達のベッドで無理やり関係を持ってしまうんです。教授はさすがにここでは・・と最初は嫌がったけど、セジョンで頭がいっぱいだったから、迫られると拒めないんですね。

外にセジョンが出たとき、ジスが帰ってきて、ジスはもしかして・・と寝室に。ベッドの乱れた様子をみて、悟ったジス。今までのことはともかく、夫に踏みにじられ、さすがにこれ以上、夫婦を続ける気持ちはなく離婚を承諾。

この夫、バカなんですよね。ジスは良妻賢母で、本当にいい妻だったのに。12年間、一緒にいて一度も愛したことなんかなかったっていうんだもの。あんまりだったわ。

不倫騒動で苦しんでいた頃、ドヨンと知り合います。辛いときに優しくしてくれたドヨン、ドヨンはジスを初めて見たときから、その素朴さというか純粋さに惹かれていたんです。野菊のような人って。

セジョンがジスのベッドで夫と関係を持ったときは死にたくなるくらい辛かったジス。そのとき、離婚を決意したジスは、ドヨンの気持ちを受け入れたかのように、一緒に過ごしたのでした。

ドヨンはジスが受け入れてくれたと思ったのだけど、ジスはそうではなかったんです。利用するとか考えていたわけではないけど、そのときは辛くて辛くて余裕がなかったんでしょうね。

ダインと二人で生きていこう、と決めたジス、ドヨンに別れを告げます。つきあっていたわけではないから別れるというのも変なんだけど。

ドヨンはショックを受け、傷心のドヨン、アメリカに渡りました〜。ソウルではPDの仕事をしていたけど、本当はカメラの勉強がしたかったようで、カメラの勉強をしにアメリカに行ったみたい。
その頃、ドヨンが気になり、ドヨンを手に入れたくて必死のセジョンは、アメリカにドヨンを追いかけていきます。

ドヨンは、仕事がらみのことで、セジョンを嫌な女性だと思っていて、その後もセジョンの自己中心的な態度が好きではなかったはずなの。
ドヨンがセジョンとどうにかなることはあり得ない感じだったのに、2年後、アメリカからソウルに戻ってきたドヨン、なんとセジョンと結婚していたんです!
これには本当に驚きました! まったく想像していない展開だったので〜。

亡くなった母親の頼みでもあったみたい。ドヨン、ジスにふられてショックを受けていたから普通じゃなかったんだろうし。でも、心はあげられない、お互い干渉しない、などの約束での結婚だったみたい。セジョンはまさかずっと変わらないなんて想わなかっただろうし、結婚したくて必死だったようです。

そして・・ドヨンがPDの仕事を再開し、仕事の関係で必要になったフードコーディネーターがジスだったというわけです。
ジスを誤解していたドヨン、ジスは離婚せずに夫とよりを戻したと思いこんでいて、だけど、本当のことを知り、すごく驚きます。2年前に離婚していたと知り、それなら何故ジスが受け入れてくれなかったのかと、それはそれで怒りを感じたのですが・・。

だけど、ジスがドヨンに、そのときの気持ちの状態を話し、死にたいと思うようなことがあり気持ちに余裕がなくてドヨンの気持ちまで考えることができなかったことを、謝りました。それでドヨンとの関係はよい感じに。

仕事では、ドヨンはジスを気遣い、すごくいい感じで進みます。ドヨンがジスを見る目は本当に優しくて、好き好きオーラが出ているんですね。

ある日、セジョンがドヨンの言葉を無視して、ドヨンの仕事仲間を家に招待します。そこでジスがやってきて、セジョンは驚きます。ジスは、その少し前にドヨンの妻がセジョンと気づいていました。そして、考え・・。

復讐してやりたい、という気持ちになるんです。セジョンにも少しそういう言葉を言ったりもして。
だけど、ドヨンが夫なのでそこがひっかかるジス。ドヨンには苦しいときにいつも優しくしてもらい、ドヨンを傷つけたくはないジス。

セジョンは一人で空回りしているというか、ジスが何かしようがするまいが、勝手に不安になって焦って、ドヨンによけいなことを言って怒らせて・・の繰り返し。

唯一、ジスがセジョンにしたことは、ドヨンとの撮影旅行で二人になったとき、二人にさせることなんてできないと自分の車で追いかけたセジョン、そのセジョンが二人を見つけたとき、ジスはセジョンに気づきました。ジスとセジョン、目があったんだけど、ジス、無視して、そのままドヨンの車で行ってしまいました。ドヨンは気づかなかったの・・・。

セジョンは、そのジスの行動で、ジスの復讐を確信し、ますますジスに対して敵対心を持ち、おかしな行動を始めます。
このころのセジョンは病的で、歩く姿も走っているような突進しているような、動物的な必死さを感じました。セジョンの疑う気持ちは止まらず、セジョンの行動を見ていると、ジスのことがなくても別れたくなるような、そんな感じでした。

一方、ジスと別れた夫のジェミン。すぐにセジョンに捨てられ、ショックを受け、しばらく立ち直れなかったようです。2年くらい。

その後、なんと、ジスと娘ダインの住んでいる街に引っ越してきたんです。ジスとよりを戻そうと必死なんだけど、ジェミンの態度が気に入らない。ジスをすごく軽く見ていて、本当に腹が立ってきます。こんなヤツとは離婚してよかったわ、と思うくらい。

最初は、ジスの元・夫、教授の不倫相手がセジョンだとはみんな知らなかったんだけど、じょじょにばれていきます。

ドヨンには自分でばらしたセジョン。その頃、別れようと言うドヨンを引き留めるため、妊娠したと嘘をついていたんです。それでもドヨンは、やり直そうとは思わなかったの。出産まで側にいて、自分が子どもは育てるというドヨン。
それで、セジョンはばらしたんです、自分の夫をうばった女の子どもをジスが育てると思うの?と。ドヨンはジスを愛してるとはいったけど、ジスとどうこうするなんて言っていないのに・・。

ドヨンは、それを知ったとき、ジスが自分を利用していたのか?とは疑わなかったんですね。
セジョンの妊娠が嘘だとわかり、ドヨンはあきれていました。まさかそんな嘘をつくなんて思わなかったので。セジョンもやっと正気に戻り、ドヨンの手を離してくれたのだけど、ジスはドヨンを受け入れようとはしませんでした。夫とやり直すふりをして・・。だけどドヨンも今度はそれを信じたリはしなかったようで、だけど、ジスを苦しめたくはなかったんでしょうね。

しつこくジスに言い寄っていたジェミンも、やっとジスの気持ちを理解し、自分が甘く考えていたこともわかったようで・・。手を離してくれました〜。

そのまま月日は過ぎ、10ヶ月後・・。
ジスとドヨンは初めて出会った灯台で再会。ジスはドヨンに「あなたは気持ちを静められた? 私は沈められなかった」と。

最後にジェミンとセジョンが急にまともになり、無理もあったけど、その後、ジスとドヨンがうまくいきそう・・というところで終わったのは良かったな。
みんなそれぞれの道に・・というのもなんだか嫌だし、夫との元さやは絶対に嫌だったし。

最初から最後まで一気に見たくなるようなドラマでした。オススメです。
|     ザ・スリングショット、その女 | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 21:11 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック