ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< 天使のラブクーポン〜換換愛 第2話 | main | 天使のラブクーポン〜換換愛 第3話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
ファン・ジニ 第10話
★★★★★★★★☆☆ 

あれから4年・・。チニは変わってしまいました。
ハ・ジウォンちゃん、やっぱりきれいだわ〜ぴかぴか
ウノが亡くなってから4年が経ったようです。

チニは、ミョンウォル(明月)として、その美しさと優れた詩才、コムンゴの腕前で、かなり有名になっているようです。かなり悪女っぽい感じですが。
だけど、舞は一切舞ってないんですよね・・。ペンムへの憎しみも消えないままのようで、舞の稽古などにも従わず、自分の思うままに行動するチニ。
だけどペンムは何も言いません。やめずに続けてくれていればいつかは・・という思いがあるのかしら。

ウノの命日。チニの心の傷は、まだまだ深いようです。チニがいなくなったことを、友人のタンシムも心配しているようで・・。
お酒を飲みながらふらふらと夜の町をさまよい、明け方、そのまま川の中へ入っていき死のうとするんです。

ですが、偶然居合わせたキム・ジョンハン(キム・ジェウォン)に止められます。キム・ジョンハンは、優れた両班でありながら王命で恩師が殺されたことで心を痛め官職を離れて各地を放浪しているようです。

すぐさま、そこにはチニを探してい護衛役のムミョンが現れ、チニを連れて行くのでした。
ムミョン、いいですね〜! 今回、初めて見たときからパッと目をひくものがありました。ウノもいなくなってしまったし、ジョンハンよりもムミョンの方が好みだな〜。

その後、ジョンハンは自殺しようとしたミョンウォルが松都一の妓生だと知り興味を持つようになります。
チニが他の者に呼ばれてコムンゴを演奏していたとき、そこに笛の音で割って入るジョンハン。そのかけあいを楽しんでいるかのように見えました。
お偉い様は、その後のチニの言葉もあり、からかわれているかのようでおもしろくなさそうでしたが。チニは少しジョンハンに興味を持ったようです。

郷楽を守りたいという王の言葉に、ジョンハンは再び官服を着ることを決意したようでdす。さっそく郷楽廃止を強いようとしている明国大使チャンの考えを変えさせようと詩で勝負します。

チニは、ジョンハンが官服を着るような身分のものだと知り、少しは心根のある男だと思ったのに・・と軽蔑します。チニはウノのことがあってから、両班そのものが信じられなくなっているんでしょうね。

明国のチャン大使はジョンハンに詩の勝負で負け、ジョンハンの言うとおり、女楽を見ることになりました。みんなチニに期待していたのに、チニは寺に引きこもってしまいます。
ですが、ジョンハンの言葉などにより、ミョンウォルは戻り、秀でた才芸で、明国大使の気持ちを変えるのですが、みんなが喜んでいる中、とんでもないことを〜。
白いチマに、チャン大使が詩を書いてくれたのだけど、それを破って火の中に捨てるチニ。みんな、まさかの行動に驚いていました。

このドラマも最初の頃より、どんどんおもしろくなってきているような気がします。この状態をどうチニが対処するのか、早く見たいな〜。
|     ファン・ジニ | 08:49 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 08:49 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック