ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< 命中注定我愛イ尓 第1〜7話 | main | ラヴスタイリスト〜愛情魔髪師 第32〜34話(最終回) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
命中注定我愛イ尓 第8〜10話
★★★★★★★★☆☆ ※中国語字幕 

Dylan・・バロン・チェン、かっこいいですね〜ラッキー 
いい感じになったかと思えば問題が起こり、なかなかうまくいかないですね。

欣怡と紀存希、二人は偶然にも同じ日が誕生日でした。紀存希はAnnaと誕生日を過ごすのが願いだけど海外にいるから無理。欣怡は一人で過ごす誕生日ではなく誰かと過ごしたいということかな。
おばあちゃんの言葉もあって、二人は一緒に過ごす予定になり、欣怡はとても嬉しそうでした。おしゃれもしていて・・。

ところが、急にAnnaから連絡があり、誕生日の日にいつものレストラン(思い出の場所)で会う約束をします。仕事で帰るのかと思えば、誕生日のためにわざわざ帰国するみたいでした。だけど、本当は大事な公演前のようで、その前日に一晩帰国するなんてとんでもないような状況みたいだった。
それを利用し、ティファニーの罠にひっかかったAnnaは階段から落ちてしまい、足を怪我してしまうんです。帰国できなくなり、欣怡も連絡がとれなくて・・。

紀存希は、嬉しそうな欣怡に実は・・と、Annaとの約束を話し、欣怡は本当はがっかりしたと思うけど、笑顔で紀存希を行かせてあげます。ひとりになって、淋しそうな欣怡。ちょうど、中山龍展の看板をみて、そこに行こうとするのですが、翌日からのイベントみたいで、一般の人は入れなかったんです。
がっかりする欣怡、そこにちょうどDylanが・・。スーツ姿でかっこよかったですね(^^)

Dylanは関係者のようで、でも本当のことはいえないから、適当な理由をつけて欣怡を中に入れてあげるんです。嬉しそうな欣怡でしたが、なんだか元気のない表情に気づくDylan。

欣怡は誕生日で、でも紀存希はAnnaとの約束があるから・・と。紀存希は欣怡を元気づけようとしてくれていたんでしょうね、仕事もあったんじゃないかなと思うけど、一緒につきあってくれました。
だけど、こんな目にあっても、欣怡ったら紀存希へのプレゼント選びなんだもの。Dylanもそんな欣怡にあきれながらも心配している様子。

プレゼントの値段は、欣怡にとっては高額で、そのために使わないでいたのか、欣怡は何も食べていなかったみたい。そして、Dylanと欣怡は、紀存希がAnnaと約束しているお店に行きました。こっそり様子を見に行ってみようということだったのかしら。

そこには紀存希がひとりでいて、Annaにすっぽかされた様子。お店にあらかじめいろいろ頼んでいたせいで、紀存希は注目をあび、でも相手がいないから、とても居心地が悪い感じに。心配になった欣怡は、外に呼び込み?で立っていた鳥の着ぐるみを着て、紀存希に近づきます。ステージでも適当にあわせ(場がしらけていたけど、田舎娘だからしょうがないよね)、紀存希は最初、Annaだと思って感動していました。

だけど、欣怡とわかり、怒り出す存希。欣怡はまるで、誰かを通じて預かったかのように、自分のかったプレゼントにAnnaからの伝言メモをつけて渡します。それでも、怒りのおさまらない存希でしたが、だんだん落ち着いてきて・・。

そして、欣怡をある場所に連れて行ってくれるんです。そこには船・・ボートがありました。そういえば、欣怡の願いで好きなときに船で島に行けるといいみたいな話があったかも。欣怡を乗せ、欣怡が食べたいと言っていた(つわりのせいか、何も食べたくないようで、それだけ食べたくなるみたいです)○○包だったかな、肉まんみたいな感じ食べ物なんだけど。欣怡の実家のある島の名物なのかしら、夜遅いのにお店のおばさんをたたき起こします。どうしても誕生日である今日中にいるという存希に、お店のおばさんは自分で作らせるんですね。おばさんに怒られながら、手作りする存希。

そして、きれいにテーブルを着飾った場所へ欣怡を連れて行き、誕生日を祝うのでした。そのとき、電気がショートしたようで、びっくりして欣怡はが転びそうになって存希に抱きつきます。なんだか危ない空気が流れ・・。
欣怡は離れようとしたのだけど、存希がその手をひっぱり、なんだかいい雰囲気になってしまって、キスをしようとするのですが、もうちょっとのところでお店のおばさんが〜(^^;) 

それから、存希は欣怡をなんだか意識してしまうようになったみたい。
家に帰ってから、欣怡がシャワーを浴びているときも、その姿を想像してしまったり、バスローブで出てきた欣怡をみて、気持ちが動揺した存希は丈が短いとか言ってるし。

いろいろあったけど、欣怡は幸せな誕生日を過ごせて嬉しかったんですね。だけど、不安になってしまったみたい。離婚協議書により、結婚は出産するまで(だったかな?)の間なので、その後は別れないといけないんです。存希と近づきすぎると別れが辛くなるものね、距離をおこうと考えたようです。

翌朝から、欣怡は存希にはあいさつをしなかったり、離れて座ったり、明らかに不自然な行動をしています。これでは欣怡も気分を害してしまうし、おばあちゃん達も、何かケンカでもしたのかな?とか思っちゃうよね。

おばあちゃんは、中山龍展の招待状を渡し、二人で行ってくるように言います。欣怡がもう行ったというんだけど、通常は入れるはずがないから、信じてくれなかったかな、よくわかりませんが。

とにかく、二人は中山龍展に行きました。
会場のスタッフは存希の会社の社員で欣怡の元同僚でもあります。欣怡が辞めるとき、紀社長と結婚したという話を誰も信じなかったの。それどころか馬鹿にしていて・・。

存希は用事があり、欣怡は先に一人で会場に入ろうとしたら、入り口に立っていた江麻里(漢字が違うかも)が、あんたみたいな子が来れるようなところじゃない、というような勢いで追い出そうとします。そこにDylanがタイミングよくあらわれました(^^)

Dylanに注意されたみたいな麻里、まさか欣怡がそんな大物と知り合いだとは思わないから、驚き、でもなんだか納得できないようでした。

Dylanと二人で話をする欣怡。やっぱりDylanはいいですよね〜。私なら優しいかと思えば突然怒り出す存希よりもDylanがいいな、。まあ性格がどうこうというよりも、見た目の好みなんですけど(^^;)

二人の仲良さそうな様子を見た存希は慌てたようで、欣怡に向かって怒鳴っていました。Dylanにケンカ腰になる存希ですが、実は中山龍展はDylanの?個展だったようですね。総監と呼ばれていました。Dylan、中山龍の作品を集めているのかな。でも、あのお皿はおばあちゃんのために落札したようだったけど、保管はDylanとか? 

やっぱり神父じゃなかったわ。Dylanが神父でないと知り、驚く欣怡。存希はだましたと起こっていたようだけど、だましたというよりも、勝手に欣怡が勘違いしたんだけど。

会場ではチャリティオークションが行われる予定だったようで、存希は欣怡の名前でオークションに出す高価なアクセサリー(これは元々Annaにあげようとしていたものなのかな)を預けていたんだけど(あの麻里に)、欣怡ったら、自分の持っていた陶器?の小物入れを出したんです。彼女にとっては大事なものなんだけど、このオークション、桁が違うんですよね。いままで一般人だった欣怡がわからなくてもしかたないよね。
麻里は欣怡に恥をかかせたくて、預かったことは言わずに、欣怡のだした小物入れを登録するんです。

欣怡の商品が映し出され、それを見て会場のみんなは驚いています。存希もびっくりしているようで・・。なんだか気まずい雰囲気になったんだけど、そこですかさずDylanが手を挙げ値段をつけます。これには会場のみんなも驚き、Dylanにたいしておもしろくない気持ちのあった存希、Dylanがそうしたのは欣怡のためだと思うから負けたくないんですよね。二人は競い合い、存希が500万で落札。

自分のせいでこんなことになってしまって欣怡は落ち込むのですが、存希はすっかり気持ちが欣怡に動きつつあるようで、慰めるんですね。そのときに、さけている理由を欣怡が言ったのだけど、存希はなんだかそれを否定するような言葉を言っていた気が・・。
「命中注定」という言葉が入っていて、これも運命だ、みたいな感じ。こうなる(二人が一緒になる)運命なのかもしれない、と思い始めているってことかな〜。

ところが、その頃、足の怪我でティファニーに役をとられ、傷心で台湾に戻ってきたAnnaが存希に会うため会場に向かっていたんです。だけど、すでに二人が帰った後でした。

その頃、存希は欣怡を連れてデパートに行き、ペアのトレーナーのようなものを二人で試着。これ、欣怡が親子でこういうのを着るのにあこがれるみたいなことを言ったことがあったのかな、記憶にないですが・・。
試着して、存希は欣怡と一緒に携帯で写真を撮るんです。存希は、いったい急にどうしちゃったの?という感じで、なんだか本当の恋人同士みたいでした。

その服を買い、会社へ。社長室に行く二人ですが、なんと社長室にはAnnaが待っていたんです。動揺する二人、欣怡は子犬の世話係だと言い、その場から去ります。
存希は欣怡を気にしていたんだけど、Annaの怪我を知り、結局、ほっておけなくて・・。そのままAnnaの部屋に行くんですね。

存希はショックを受けて落ち込んでしまいます。存希は行く場所がないから? 協会に行くんです。このとき、Annaが戻ってきたから自分の居場所はなくなったと思って家を出るつもりだったのかな。そこには車に乗ろうとしたDylanがいました。仕事で上海に戻るみたいなことを言っていて、欣怡は話を聞いてくれる人がいなくなる、と言います。
Dylanは存希とうまくいきはじめたと思っていたので、疑問に思うんですね。そして、Annaが戻ってきて、Annaと一緒にいると聞いたDylanは怒っていました。だけど、欣怡は仕方ないと思っていて、そのやりとりの途中、欣怡はお腹が痛くなって座り込んでしまいます。

病院に連れて行くDylan、存希には知らせないで欲しいと言ったんだったかな。Dylanはおばあちゃんに電話をし、慌てておばあちゃんが病院に駆けつけます。切迫流産かな、流産はしてないですが、流産する危険があったようです。そこで、Dylanから存希がAnnaのところにいると聞き、かなり怒っていました。
おばあちゃんは欣怡が本当に心配なんだと言い、欣怡のことを温かくて・・好きなんだと。

孫の存希の行動が許せないおばあちゃんは、Annaの家にいる存希のところに乗り込んでいきます。欣怡もついていったようで・・。
それで欣怡が言いつけたと思ったみたい。存希は、欣怡にひどいことを言うんですね〜。Annaが現れる直前まであんなに優しくて自分から近づこうとしたのに、いきなり、またこれですからね。事情も聞かず、欣怡の体のことも知らないのに、なんでここまで怒鳴るかな・・。おばあちゃんが怒ってくれていたけど。

この辺で終わりだったかな〜。忘れてしまいました。Annaが戻り、これからどうなるんでしょうね。Annaも悪い子ではないですし、Anna&存希、Dylan&欣怡、で、私はいいんですけどね(^^) そういうわけにはいかないんでしょうが。
|     ハートに命中! 100%、微笑PASTA | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 23:01 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック