【お知らせ】2017年2月、このブログを終了します。今後は、日々のできごとなどを書いている別ブログ「優しい時間(http://ameblo.jp/ksroom)でドラマの感想を書いていこうと思いますので、よろしければそちらをご覧くださいね(^^)
-----------------------------------------
韓国ドラマ、台湾ドラマの感想を書いています。感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性があるため、まったく参考にならないと思います。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆
<< 太王四神記 第24話(最終回) | main | 命中注定我愛イ尓 第1〜7話 >>
魔王 第2〜11話
★★★★★★★★★☆ 

本当に目が離せません。気になって気になって・・。
本当は他のドラマはさておいて一気見したいんだけど、最近、HDD録画分が増えすぎ傾向にあるので、そのときに見れるものは見なければと・・。
でも、今週はたぶん、「魔王」を続けて見ると思います。そうすれば今週末にはラストまでいけるよね。

だいたい、夜にドラマを見れる時間が2時間前後かな。
日によって1時間も見れないときや(細切れでは時間があるんだけど)、3時間くらい見れる日もあるのですが。ラストに近づくと、夜更かしして何時間も見たりしてしまうのですが、翌日の仕事に差し支えるので、最近はわりと(?)我慢しています。

チュ・ジフン、宮の時より、ずいぶん落ち着いた雰囲気になりましたね。
私は「宮」にそこまで嵌らなかったので、チュ・ジフンにもそんなに興味はなかったのだけど、「魔王」を見て好きになってきました。

カン・オスの周りが巻き込まれていくさまざまな事件は、テフンの弟と思われるスンハの復讐によるものなのだろうけど、すべてがそうなのか、ヨンチョルとスンハのつながりとか、いろいろ気になる点があちこちにあります。

それにしても、いろんな人間が順番にカン・オスに人殺しの烙印をつきつけていく感じで辛いですね。父親が息子をかばったことで(息子のためというより自分のためでしょうけど)、カン・オスはわざとではないとはいえ自分のした罪を償うことも罰を受けることもなく成長してしまい、ずっと心に傷をおったままになってしまったんですよね。
そんなオスの気持ちや当時の状況は周りにはわからないから、人を殺しておきながら父親の力を借りて罪を逃れ善人のように生きているずるい人間のように思われるだろうし、今になってこんなに苦しむことにもなってしまったんでしょうね。

捜査科の上司、パンチーフがオスの過去を知っても変わらず信じてくれるのが嬉しかったです。
パンチーフの昔の後輩、グァンドゥが今までのドラマのイメージで最初から悪役に見えてしまい、実際にはそんな感じでもないんだけど、何か裏がありそうに見えてしまいます。

スンハと名乗り、テフンの弟であるテソンの名を捨てたことで(友人のスンハが事故?で死亡し、自分がスンハと名乗り、テソンが死んだことにしたようです)、パンチーフやオスは戸籍などを調べてテソンは死んだと思ったようですが・・。
ソン・ジュンピョが気づきました。ジュンピョ、危ないかも・・。

スンギも何かしでかしそうでもあるし、でも、スンギの命が次は危ないのかな、とか、いろいろ想像しています。ソクジンですが、スンギにヒスの妻との不倫がばれて焦っているので、なんだか危ない感じ、スンギに何かすることも考えられるかな。

そして、スンハは過去のテフンとのつながりがわかってしまうような写真はすべて処分したと思っているけど、スゴン、もう1枚あったんだなって、部屋を片付け中に写真を見つけていました。これが後々、スンハがテソンであることがばれるきっかけになるのかしら。

ヘインとスンハがお互い、意識していくのかな・・と思っていたのですが、ヘインはちょっとよくわかりません。意識はしているんだけど。
オスが何かとヘインに相談し、ヘインもそれを助けながら、過去や今の辛い状況にあるオスの気持ちを感じたりしているので、だんだん、ヘインはオスがほっておけなくなっていきそうな感じもあります。

スンハがヘインに惹かれていることは間違いなくて、スンハの冷たくなってしまった心がヘインの言葉で少し変わるのではないか?と思われるシーンもありました。
最初の頃の不気味な雰囲気だけのスンハが、最近、人間らしい(って、言い方が変ですね)辛そうな表情を見せることがあり、スンハも少しずつ変わっていくのかもしれないなって思いながら見ています。
|     ミセン、魔王 | 21:13 | comments(2) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 21:13 | - | - | このページのトップへ
りりこさん、こんばんは。
2回見たくなる気持ちもわかります。ある程度わかった上で、再度見ると新たな発見もありそうだし。
チュ・ジフン、本当にすら〜っとして美しいですね。
私もチェ・ドンチャンの名のほうが頭に浮かび、最初は疑ってみてしまいました。インパクトの強い役をやった後は、なかなかイメージが消えないものですね。
ラストまで見終わったので、少しずつ、例の雑誌を読んでいるところです。



| kazune@管理人 | 2008/05/25 11:04 PM |
kazuneさん、こんにちは。
私も「魔王」ははまって、続けて2回見てしまいました。
チュ・ジフンは背が高いし、モデル出身ということもあり、立っている姿も美しいですよね。
グァンドゥ役のキム・ギュチョルさんは、「復活」でのチェ・ドンチャン(名前もフルネームで覚えられるぐらい)役が強烈だっただけに、このドラマでも悪役なのでは?と思ってしまいますよね〜。例の雑誌にご本人も「監督に『僕が何かしでかすのではないのですか?』と尋ねたことがあります。…」などと書いてありましたね。
| りりこ | 2008/05/24 2:51 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック