ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< ザ・ホスピタル 第17〜19話 | main | 魔女の条件(1999年) 第6〜8話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
魔女の条件(1999年) 第3〜5話
★★★★★★★★☆☆

タッキーがかわいすぎ〜ラブラブ
(そんなかわいい揺れるハートタッキーをちょっとだけupしてます。5話のラストシーン)
コンビニで万引きをして逃げた未知と光。
未知は自分でもどうしてこんなことをしてしまったのかわからなくなり涙が出てきます。そんな未知にキスをしようとした光、あれはやはり直前で未知が我にかえったのかな、キスはしていなかったみたいです。

日本ドラマは短いから展開が早いのがいいですね、3話にしてもう二人は恋愛感情が芽生えたみたい。光は初めて人を好きになったようで、未知も光を想う気持ちにとまどっているようです。

そんな光を心配に思った母親は、未知が担任からはずれるように学校に訴えます。生徒たちも、未知と光がつきあっているのでは?という疑いがますます強まり、好奇の目で見られるようになるんです。そんな視線が耐えられなく、逃げるように去っていく未知。

未知は、大や友人の桐子たちと食事をしますが、未知は酔いつぶれてしまいます。未知をタクシーで送っていく桐子ですが、タクシーの中で未知の携帯がなり、気づかない未知の代わりに携帯電話に出るんです。着信中の携帯には男性の名前が出ており、噂になっている生徒だと気づく桐子。
学校に行った光は、未知が担任から外されたことを知り、ショックを受けます。

でも、やっぱり気持ちは抑えられないようで・・。
桐子は未知の気持ちを理解できると言い、光にこっそりメモを渡し、二人が会えるようにしてくれます。でも桐子の心の中では、どうだったのかな、桐子は大が好きみたいなので、二人がダメになって欲しい気持ちもあって、光とのことを応援してくれているような、それだけならいいんだけど・・。

未知は、未知の行動を不審に思う大に無理やり部屋に連れて行かれ・・。約束に遅れてしまいます、バイクがあったのを見て学校の中に入る未知。
これは昔のドラマだからかな、セキュリティが入ってないし、しかも鍵もかかってないなんて〜。図書館に入っていくんですよ。今では考えられません。

図書館でうたた寝してしまった光を見つけます。未知に気づき、涙をうかべる光。この表情もかわいかった〜(^^)
そして、未知は光に好きだと言うんです。抱き合う二人・・そのまま関係を持ったようですね、図書館で! そのまま夜が明け、明るくなり・・まだ二人は服を着ていないの、これはまずいでしょ、学校なんだから。しかも、カーテンをいつはずしたのか、二人はカーテンをかけて寝ていました。

周囲の目も気にせず、何事もなかったかのように学校へ。未知は同じ服だから生徒にからかわれるんだけど、今までになく強気でした〜。
お互い気持ちを確かめ合ったわけだから、ますます気持ちは高まるばかりで、学校にいてもお互いの行動が気になるみたい。

そして、未知と光のデートの日、この時の私服のタッキー、かわいかったです。未知をくるのを待ちながらそわそわする光がとてもかわいく、そんな光を未知もしばらくほほえみながら見つめていました(^^)

大は未知の心の変化を感じながらも認めたくないようで、未知が話があるから・・という言葉に忙しいとなかなか会う時間をつくらないんです。やっと会えたと思ったら、桐子も連れてくるし・・。

未知の生徒との噂に激怒していた未知の父は、学校に退職届を出します。未知は自分たちは何も悪いことはしていない、と出さないからなんだけど、学校側も辞めて欲しいもんだから、朝礼(?)で生徒に結婚退職の挨拶をするように言われます。
未知は、そこで退職する気のないことを話し、そして、自分は黒澤光を愛している、と全校生徒の前で告白するのでした〜。これはさすがにやりすぎですよね!! 光は嬉しかったみたいだけど、これがますます問題を大きくしていくことになるんですよね〜。

未知と光は、周囲の教師や生徒の冷たい態度にも負けず、学校に行き続ける二人。
未知は周囲の教師からふたりのせいでPTAから苦情が来て自分たちが迷惑を被っていると言われ、光も生徒達から完全に無視され、教科書はカッターで切り刻まれ、落書きされ、制服が捨てられるなど、ひどい仕打ちを受けます。そのことを知った未知は心を痛めるのですが・・。

未知は実家にも嫌がらせの電話が掛かってきていることを知り愕然とします。母は気に していないと明るく振る舞うのですが。再び電話が鳴り、怒りに任せて受話器を取った未知でしたが、それは父が倒れたという病院からの連絡でした。

未知は父の側につきそいながら、自分たちのせいでいろんな人を傷つけていることが辛く感じてきます。光に電話をし、会いたい、という光の言葉に、しばらく会わないでいよう、と言うんです。みんなを傷つけてしまうから・・という理由に、光は、そんなこという未知に、普通の大人と一緒だ、もう会わない、と電話を切ります。
そんな光の言葉にショックを受ける未知。

未知は学校を辞めることを決心し、翌日、辞表を出します。そこには光の母親もきていて、光の退学届けを〜。

未知は廊下で光に会い、留学することを聞きます。自由の国なんてありはしないんだ、と言う光に、未知は・・。5話のラストは以下の映像を見てくださいね〜。
(中古ビデオからなので画質はイマイチですが)

http://kirara.milkcafe.to/mv/majo.wmv
|   魔女の条件(1999) | 10:14 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 10:14 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック