ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< 頑張れ、クムスン 第132〜137話 | main | 太王四神記 第7話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
薔薇のない花屋 第2話
★★★★★★★☆☆☆

松田翔太くんは味方じゃなかったんですね・・。
彼も、三浦友和によって送られた人物とはね・・・。

しずくちゃんの父親について書いた作文はよかったですね(^^) しずくちゃんはかわいいな〜。

慎吾くん、美桜のこと、もう好きになりかけているのかな? 美桜が花のように笑うと思わないか?としずくに言いながら、花のように笑う人が好きと亡くなった彼女(妻)を思い出していたけど・・。重ねているだけかな、好きになりそうというよりも、美桜をみて彼女を思い出しているのかもしれません。

美桜(竹内結子)は、お花屋さん(慎吾くん)の前で目の見えないふりをして性格も変えて自分を好きになるように演技しているんだけど、そのかわいい女の子ぶりがあまり好きになれず、もう少し自然な演技にしてほしかったな〜と思います。まあ、意識的にあんな演技になっているんだろうけど・・。

三浦友和・・病院の院長をしているんだけど、かなり慎吾くんに恨みを持っている様子。直哉(松田翔太)がこっそり持ち出した(ダビングしたんだったかな)、英治(慎吾くん)の彼女のビデオを見て、何かこみあげるものがあったようだけど、彼女の父親ってことではないのかしら? そんな単純な関係ではないのかな・・。

私の予想では、院長がビデオを少しずつ見ていくうちに美桜の気持ちがわかってきて、最後には英治を許す・・ということになるのでは? 美桜や直哉は、英治やしずくちゃんに接するうちに気持ちに変化が出るんじゃないかな〜。
みんな、似たような予測をしているかもしれませんね。
|   ブザー・ビート(2009)、薔薇のない花屋(2008) | 08:35 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 08:35 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック