ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< 頑張れ、クムスン 第45〜51話 | main | 頑張れ、クムスン 第55〜61話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
頑張れ、クムスン 第52〜54話
★★★★★★★★★☆

一昨日はチュモンを見るどころか忙しくなっちゃって、何も見れなかったわ・・。
昨日は52話の途中まで朝早く見て、ジェヒとクムスンのシーンが気になっちゃいました。昨夜も時間があまりなかったんだけど、なんとか53話まで。そして、今朝もまた54話を見てしまいました。
でも、こんな生活(寝不足)してたら、また扁桃炎になりそう・・。手元に全話そろっているドラマを見る場合、強い意志が必要ですね!!

木曜日の夜11時の「ザ・ホスピタル」、BS2の場合なんだけど(BShiも)、録画して後から見る・・ということができなくて、その時間に見るしかないんですよね〜。気持ちはクムスンなのですが。

本題に戻ります。

ジェヒとクムスンの食事シーン、おもしろかったですね。
クムスン、値段にびっくりしたんでしょうね。最初はスープって言ったもんだから、ジェヒもスープって言い、一人で食べるのはいやなんだ、とか言ってるし。それでクムスン、仕方なくパンの追加を・・って言うのね、ジェヒはもう仕方ないという感じで同じようにスープとパンにしていました。ジェヒが適当に頼んであげればよかったのに、前に150万Wのことではした金に思っているとかクムスンが怒ったし、勝手に決めたりできなかったのかしら・・。
一人で食べる話から、子どものときにひとりで食事をするのがいやだったという話になるんだけど、クムスンもそうそう〜って子ども時代にさびしかった話をしました。でも、ジェヒ、素直じゃないというのか、お金持ちだから状況も違うんだろうけど、言ってることがわけがわからない感じだったわ、子どもらしくない子どもだったのね、きっと。
パンをナイフとフォークで食べるクムスンに、ジェヒはパンは手で食べるんだといいます。クムスン、安心して、そのほうが食べやすいとうれしそうだった。ジェヒもいやな言い方はしなかったし。クムスンの髪型のことも何か言っていたな、そういえば。ほめていたような・・。
そして、レストランを出てエレベーターの中でのこと、なんだか落ち着かないジェヒ、そこにいちゃいちゃカップルが乗ってきて、エレベーター内でキスするんですね。クムスンはじっと見たりしていたけど、ジェヒはなんだかとっても落ち着かない様子。ジェヒ、本当にクムスンがすきなのね〜。クムスンは、特に何も考えていないように感じるけど。
古いカメラを、翌日、病院にとりにいく約束をして別れました。ジェヒ、クムスンを見送る姿もかわいかったです。

翌日、夕方かな、病院で待つジェヒ、そわそわして時間ばかり見ています。廊下に首を出してみたり・・。冷たい缶ジュースを机の上に出していたのですが、ぬるくなったのかな、冷蔵庫にある別のジュースと入れ替えていました。クムスンにさりげなく冷たいジュースを飲ませてあげたかったんでしょうね。
クムスンがやってくると、クムスンには遅かったじゃないか、メールくらいするもんだ、とか言っていたけど、うれしくてたまらない様子。本当にこういうジェヒはかわいいですね。
カメラの操作を教えてほしいというクムスンにうれしくなったジェヒ、でもそのとき、荒れているクムスンの手を見てびっくり。とっても心配するジェヒ、薬を取り出し、塗ってあげようとします。クムスンはびっくりして、手を何度もひっこめようとするんだけど、ジェヒは強引に手をとって薬を塗るんですね。
そんなジェヒに、なんでこんなに親切にしてくれるのかを聞くクムスン。ジェヒは困ってしまって、昔、川に落ちて亡くなった妹がいてクムスンと同じくらいの年齢だとか言い出します。これ、とっさに考えた嘘のようですね、クムスン、信じていましたが。ジェヒは、美容室の社長である母親に妹の話題を出すと辛い気持ちになるから、社長の前では妹のことをいわないように・・とクムスンに釘をさします。嘘がばれては大変ですからね。
クムスンはまじめに考えてしまって、お義母さんがチョンワンに思う気持ちと同じなのね、と思っているようでした。

ジェヒとのシーンはこれで全部かな、ジェヒが本当にかわいくて、とても楽しめました。

ところで、シワンとソンラン、順調に進み、シワンの両親も気に入り、結婚に向けてすすんでいるのですが、ソンランがバツイチで別れた夫のもとに息子がいる、ということは話せないでいました。お義母さんが期待しすぎていて言えないというのもあって。
ソンランが今のところパーフェクトで、クムスン、何かと比べられるような感じがして時々さびしそうですね。お義母さん、悪い人じゃないんだけど、思ったことを口に出しすぎです!!
ソンランのことを知ったら、お義母さん、どう反応するのかな〜。

そして、クムスンの実母のヨンオクですが、ショックで寝込んでいます。あらためて捨ててしまった娘(クムスン)を思い出し、こんな状況になったことを悔やみ、急にだんなを責めていました。
これは何か事情がありそうですね、子どものいる韓国に帰りたいヨンオクを強引にひきとめたみたいだし。でも、そうしなかったらヨンオクは命がなかったみたいだし、なんだか複雑そう。
いまからでも娘をさがそうか?という夫に、今のような体で探し出しても、腎臓がほしいといっているようなものだ、そんなことはできない、というヨンオク。

一方、クムスン祖母も横になっていました。クマのお母さんに、ヨンオクを見たことを話し、びっくり。病院で見たわけだから、病院の食堂で働くクマのお母さんも気をつけろというんですね。

そして、クマですが、教員になるための勉強をしていたのだけど、クムスンを見ているうちに、自分も働こうと思ったんですね。一時的な気持ちなのかなと思っていたのだけど、もともと教員にはなりたかったわけではなかったのかも。お母さんがそれを望んでいたから、なんとなく自分でもそれがいいのかな、と思って進んできたのかもしれません。
そのことで、お母さんとクマは冷戦中なのでした。

テワンは・・あいかわらずです。お父さんが聞いていたけど、俳優の養成学校、確かにいっているようには見えないですね。明日(来週?)から行くとかいっていたけど、そんなに自由にできるものなのかしら?
シワンとソンランが結婚したら、最初の1年は同居みたいなので、テワン、屋根裏部屋に移動させられそうな感じです。
|     頑張れ、クムスン | 12:49 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 12:49 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック