ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< 頑張れ、クムスン 第9〜12話 | main | 頑張れ、クムスン 第39〜44話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
頑張れ、クムスン 第13〜38話
★★★★★★★★☆☆

本当におもしろいですね。クムスンがかわいそうで泣ける場面も多いのですが、前向きに頑張るクムスンを見ていると元気が出そうです!
チョンワンが亡くなった後、お義母さんがクムスンのせいだと家から追い出されたクムスンでしたが..。
公園のベンチで寝かけた時には心配になりました。でもチョンワンが夢の中で起こしてくれて、そのことをきっかけにチョンワンの家に戻ろうと決意。
反対するお義母さんでしたが、必死にお願いし、そのまま同居することになりました。

一番上のお義兄さんのシワンだけはクムスンを最初から心配してくれていたので、それだけでもよかったです。お義父さんも優しいし。
そして、一気に日が進んだようで、男の子が生まれていました。名前はフィソン、2歳です。この子、とってもおとなしいですね。

クムスンはフィソンのためにも働くことを決意。
まずは青汁の配達・・そして注文をとりに行くのですが、そのときに本来ならば押し売りに行ってはいけない病院に行くクムスン。そこで、医者のジェヒ(カン・ジファン)と最悪の出会いをするんです。

ジェヒの言葉や態度が医者らしからぬ..というか、かなり悪いんだけど、そのまま黙って帰るクムスンではありませんでした。ジェヒにハエよばわりされたクムスン、引き返し、「医者(だったと思うけど、忘れた)になる前に人間になれ!」と。これには思わず吹き出してしまいました!

その後もまた病院で会い、そして、原付を運転していたクムスンは病院の駐車場でジェヒにぶつかりケガをさせてしまい、すごく立場が悪くなってしまいます。
ですが、その時の警察の言葉やクムスンの行動、病院でのことなど、ジェヒはクムスンを誤解していたと気づいたようでした。
そんなことがあったせいで、ジェヒの心にクムスンの印象が強く残ったんでしょうね。ジェヒの周りにはいないタイプですし。

クムスンは子どもの頃からの夢だった美容師になりたいと、美容室に応募。本当は落ちたのだけど、一番行きたかった美容室に直接出向き、スタッフになりたい意思を必死に訴えます。その結果、社長の言葉で採用が決定。そんな異例での採用となったクムスンに、他のスタッフは納得がいかない様子で、クムスンの上についた先輩スタッフは意地悪をするんですね。これがけっこうひどくて..。

そして、なんと美容室の社長はジェヒの母親でした。だから、ジェヒとも何かと会う機会があり、先輩に意地悪されてけがをしたクムスン、一生懸命シャンプーの練習をするクムスン、ジェヒはクムスンのことがだんだん気になるようになってきているようです。

ところで、2番めのお義兄さんのテワン(イ・ミンギ)ですが、チョンワンが亡くなった後、兵役に行っていたのですが、戻ってきてからも、全然かわってないようで(いい加減な性格が)、クムスンにも嫌なことばかり言います。アルバイトもせず、フラフラしてばかり。それなのにモデルになるとか俳優になるとか..。兄のシワンや親の金をあてにしているし。

俳優の養成学校に行きたいと言うのですが、父親に反対され、クムスンには自分で稼いでいけばいいと言われ、その結果、シワンの財布からクレジットカードを抜き取り、カード払いで140万ウォンも使ってしまいます。俳優の養成学校の月謝とかなのですが..。
これには兄も両親も激怒! 母親はちょっと甘いんですよね、それが問題じゃないかと思うんだけど。
最後には許してもらい、1年だけ頑張る時間をくれることになりました。

テワン、このときにチョンワンのことを持ち出し、クムスンは傷つきます。お義母さんも何かと言うし。クムスンは、テワンに、チョンワンが死んだのは自分のせいだとわかっている、でも後悔してもチョンワンは戻ってこない、だからこそフィソンを頑張って育てる、テワンに意地悪されても憎まれても出て行かない、というクムスン。

テワン、その言葉に、そんなつもりはなかったという感じで、ちょっと考えるところがあったみたい。その頃から、だんだんクムスンの言葉に感じるものがあるようで、少しずつ優しくなってきましたね。フィソンのことはかわいがっているし。
クムスンに嫌なことを指摘されたら怒って言い返しているけど、でも以前のような憎しみのこもった感じとは違ってきています。
テワンもまた、クムスンに関わることで、まともな人間になっていくのかな、そんな感じがします。

それ以外にも、シワンとソンランのこと、クムスンはまだ知らないけど、実の母親のこと、母親には腎臓移植のドナーが必要なこと、いろいろと展開しています。
クムスンが母親に近づいてきているから、そろそろ本当のことを知ることになるのかな〜。
|     頑張れ、クムスン | 00:22 | comments(3) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 00:22 | - | - | このページのトップへ
↑名前が消えてしまったけど、私です。
| kazune@管理人 | 2007/12/03 11:57 PM |
りりこさん、本当におもしろいですよ!
そして、かなり泣けます。笑ったり泣いたり・・。

「太王四神記」、見ました。まだおもしろいのかどうか、よくわかりませんでした。

りりこさんに線のことを聞いて、確認したら、確かに画面の表示が変でしたね。実際にはブルーフィッシュの文字だけに取消線を入れていたんです。原因がわからないので、削除しました。

教えてくれてありがとう〜。
| | 2007/12/03 11:54 PM |
kazuneさん、こんにちは。
クムスン、一挙にずいぶん進みましたね〜。
私も早く見てみたいなぁ。

そういえば、今晩からいよいよ「太王四神記」が始まりますね〜。
kazuneさんのこのブログの11/28の「新ドラマ情報」のページの途中から、文章に線が引いてあるようなのですが、何でしょう?
| りりこ | 2007/12/03 5:03 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック