ドラマブログは中止していましたが
最近、ゆっくりペースで見始めたので、たまに感想など投稿するかもしれません(^^)
※過去の感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性もあります。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆2017.5お休み☆2019.9再開☆
<< 東方茱麗葉〜東京ジュリエット 第23話 | main | ファンタスティックカップル 第7〜9話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
純情 全16話
★★★★★★★★★☆

予想外に嵌ってしまいました。リュ・ジンssiがとてもよかったですし、ドラマのストーリーもなかなかでした。
このドラマはMISAのイ・ギョンヒ脚本のようです。

<出演>
リュ・ジン、イ・ヨウォン、イ・ジョンウォン、ヨム・ジョンア、ソン・テヨン、
パク・グンヒョン、ソンウ・ウンスク、チョン・ホジン、イ・ドンウク 他

知っている人がたくさん出ていて、安定した演技力というのか、そんな感じでした。

<あらすじ>
幼い頃、実母に捨てられたハン・セジン(イ・ヨウォン)。彼女は養父母に愛されて育ちます。ハジンの実兄カン・ヒョンギも捨てられるのですが、ヒョンギはセジンを影ながら見守りながら成長していきます。孤児だったヒョンギはヤクザに入り、濡れ衣をきせられたりいろいろあったんだと思うけど前科もあるんですね。だけど、優しく温かい青年です。

ある時、セジンの養父は罠にはめられ自分の経営する会社を失い、さらに何者かに殺されそうになります。それまで裕福に育ってきたセジンの生活は一変するのでした。

一方、彼女を影で見守ってきた実兄カン・ヒョンギが、事件の容疑者として刑事に追われる身となります。その刑事はイ・チャンソク(リュ・ジン)。チャンソク父はあることからヒョンギを知り、息子のように思ってきたようですが、どこでどうしてそうなったのかが、そういえば最後までわからなかったような気が・・。チャンソクがヒョンギの命の恩人ってどういうことだったんでしょう?

チャンソクはヒョンギを捕まえるために、セジンに近づきます。チャンソク逮捕のためにセジンを利用するつもりが、チャンソク自身、セジンに惹かれていくのでした。

このあと、いろいろなことが起こるのですが、でも、ややこしくはないし、イライラするほど疲れるようなこともなく、辛いんだけど苦しすぎることもなく、最後まで見れました。

それぞれの気持ちがあまり揺れなかったから、心配なことは辛いことは多くても、見ていてあまり疲れなかったのかも。

最後の2話は泣けました。とくに最終回。すべてが終わって、二人が笑顔で歩いているシーン、何がどうってことではないんだけど、なんだか胸の中からこみ上げてくるものがあって涙があふれてきました。

リュ・ジンssi、茶髪で服装もラフで他の刑事みたいにスーツは着ていません。有能ではあるけど、チームワークは考えず、ひとりで何でも勝手にやってしまう性格。
性格的にはとっても問題ありだけど、そんなチャンソク刑事が、とってもかっこよく、セジンと関わるようになってから、刑事として間違ったことをしていると苦しみながらも、どうにもできずセジンのために必死なチャンソクがとても良かったです。

元々のチャンソクの彼女タヘがかわいそうでしたが。タヘ役の女優さん、すごくかわいいんだけど(自然な感じで)、誰だろう?見たことあるようなないような?
|     善徳女王、純情 | 14:30 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 14:30 | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック