【お知らせ】2017年2月、このブログを終了します。今後は、日々のできごとなどを書いている別ブログ「優しい時間(http://ameblo.jp/ksroom)でドラマの感想を書いていこうと思いますので、よろしければそちらをご覧くださいね(^^)
-----------------------------------------
韓国ドラマ、台湾ドラマの感想を書いています。感想は主観によるもので、あらすじ等は間違っている可能性があるため、まったく参考にならないと思います。
【コメントは承認方式です】*広告・宣伝、関連のないコメント等は承認していません。 ☆2005.10.27 OPEN☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
パリの恋人 最終回が違う? 
韓国放送版、日テレ版、BS日テレ版、ノベライズ本と最後の終わり方が違うと聞いていましたが、私が見たのはBS日テレで、最後はハッピーエンド、よかった〜と思って終了しました。

でも、もともと韓国放送分からカットして日本で放送しているはずなので、
最終回を帰ることが出来るという意味がわからない。
そこで、韓国ドラマレビューを書いている人の最終回を読んでみました。

ホントの放送では、あの続きがあったのですね〜。実はこのお話、小説だったとかテヨンが書いていたようです。つまり作り話だったの?と。この終わり方に大ブーイングとなったようで、ノベライズ本のラストは変わったようです。

それがあったら、BS日テレではその部分をカットしたんですね。確かにBS日テレの終わり方はよかったと、私は思います。こんなにもりあがったのに、小説だったなんて嫌だもの。

BS日テレと、日テレ地上波での放送分でも違うようで、こちらはどんなラストだったのかしら・・。
|  は→パリの恋人 | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
パリの恋人 第19,20話(最終回) 
もう目が離せません。寝る間を惜しんでみてしまいまた。

とうとう、事実をキジュ本人も知ることに・・。そのことでもいろいろありました。

スヒョク、テヨンの家に行き、テヨンに話しも聞いてもらえず、その帰りの
車運転中、事故をおこし意識不明に。気づいたとき、母親はわかるのですが、キジュもテヨンもわかりません。テヨンは自分のせいだと責任を感じます。
スヒョクのことを思うと、キジュと幸せになることは考えられないテヨン、
ひとり、パリに行くことを決心します。だまって行くつもりがキジュにわかり、キジュは空港までおいかけ、結局、別れるのでした。でも、キジュはいつかテヨンを探し出すと言っていて、期待を持ちつつ・・。

スヒョク、たぶんそうじゃないかと思ったけど、記憶喪失は嘘だった。本当はわかっていたけど、辛くてそうするしかできなかったようです。

最後はいったいとドキドキ。いきなり二年後になります。キジュは新車発表(自動車会社の社長です)、テヨンはパリで勉強中、スヒョクはバイクでひとり旅中。

スヒョクも気持ちが吹っ切れたのか、キジュの携帯に電話をします。元気だとわかりほっとし、キジュはスヒョクにテヨンをおいかけてもいいかと。そして、キジュは長期休暇(1〜2年の予定で)をとりパリへ。テヨンに会えることを期待しながら、車の整備のアルバイトをしながら過ごします。

そしてそして・・、二人は最後に出会うのでした〜。
ハッピーエンドとなりました。

韓国放送版、日テレ版、BS日テレ版、ノベライズ本と最後の終わり方が違うそうです。韓国の放送ではハッピーエンドじゃなかったみたいです。私が見たのはBS日テレで、よかったです。

このドラマは評判どおり、すごくよかったです。
ノーカット版を見たいな〜と思い、そのうちレンタルで借りて見てみようと思っています。
|  は→パリの恋人 | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
パリの恋人 第14〜18話
なんとキジュのお姉さんはキジュのお母さんでした。つまりスヒョクのお兄さんがキジュということです。父親の違う兄弟になります。それを知ったスヒョクはショックを受け、そこから変わっていくんだけど、見ていて辛かった・・。おじさんと思っていたのはお兄さんで、そのキジュ兄さんに会社も
母親もテヨンもすべて奪われ。キジュを憎むようになるのですが、でも、本心ではやっぱり慕っていたんでしょう。キジュに逆らう姿は苦しそうだったもの。テヨンもキジュとスヒョクが兄弟と知ります。

その秘密を知るムン議員、口止めに娘ムン・ユナとキジュの結婚をすすめていて、逆らえないキジュの父親(本当は祖父)とキジュの姉(本当は母親)。会長の息子として社長をつとめているキジュ、会長の息子ではないだけでなく非婚の子と世間にばれてしまえば、キジュの立場がなくなるからです。そのことを知ったテヨン、それまでどんな嫌がらせにも負けなかったけど、今回ばかりは悩み、キジュのために別れる決心をします。

キジュに別れを告げるテヨン、キジュは理由がわからず、納得できません。キジュはテヨンを心から愛していて、テヨンがない人生は考えられない。こんなに苦しい気持ちは初めてだと、どうしていいかわからなくなるのでした。

スヒョクもかわいそう、キジュもかわいそう、テヨンもかわいそう、泣けてきた・・。第18話は号泣といってもいいほど、泣けてしまった。

スヒョク、役柄としてはストーカーみたいでちょっとしつこいという・・。
それにひどいな、と思うんだけど、でも、かっこいいんですよね。
スヒョク役のイ・ドンゴンから目が離せないのでした。
|  は→パリの恋人 | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
パリの恋人 第4〜13話
空き時間はすべて「パリの恋人」を見ている私です。ちょっと寝不足気味・・。

ほんとうにおもしろいです!
キジュがどんどんテヨンに惹かれていく姿、なかなかです。キジュの甥のスヒョク(イ・ドンゴン)は全然違うタイプなのですが、彼もテヨン一筋、だけど、キジュ叔父さんが圧倒的に有利で、かわいそう。

スヒョクは、祖父の会社も手伝わず、自由な人生を送りたいと言っていましたが、孤独に見えます。テヨンのために力を貸したり、一生懸命なのに、テヨンの気持ちはキジュにあり、それを知るたび、傷つくスヒョク。
テヨンが中途半端な期待をさせるのはよくないと思い、スヒョクに自分の気持ちがキジュにあることを伝えます。
そこから、スヒョクの様子が変わり、祖父の会社でデザイン担当として働くことに。彼には才能があるようなので、成功するのかな。でも、傷ついたせいか、スヒョクらしさ(優しさかな)がなくなり、冷たい人間に見え、それがまた痛々しい。

ところで、ひげを中途半端に伸ばしていたスヒョク、会社にいくためにきれいさっぱりとそりました。かっこいい〜。「サンドゥ!学校に行こう」を見たときもかっこいいと思ったのですが、あらためえまたかっこいいと思いました。ファンになりそう。個人的にはスヒョクを応援したりして・・。

テヨン、すごくいい子なんです。意地悪されても、嫌なめにあって、自分の気持ちにまっすぐに生きている。応援したくなります 何も悪くないのに、辛い目にあわされたり、それでもがんばるテヨンが好き。でも、無理してるテヨン、かわいそう。

キジュとの関係は障害が多く、危ない感じです。それとキジュのお姉さん(スヒョクのお母さん)、なんとキジュのお母さんみたいで・・となると父親は誰?など、出生の秘密が明らかになってきそうな気配。

キジュとスヒョクは叔父と甥の関係ではなく、兄弟ということかな。
二人とも好きなので(役柄として)、二人とも幸せになって欲しいけど、テヨンと結ばれるのは一人だけ。たぶん、キジュですよね。

私ならスヒョクを選びそう。「冬のソナタ」ではパク・ヨンハ演じるサンヒョクに気持ちが入ってしまったのですが、どうも私は自分の好みで見方が偏る傾向にあるみたい・・。
|  は→パリの恋人 | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
パリの恋人 第1〜3話
少し前にBS日テレで集中放送のあった「パリの恋人」。関東ローカルで見た友人が絶賛していて、他の韓ドラレビューを読んでも見た人はみんなすごく良かったと書いている。誰もがおもしろいと感じるドラマのようだ。
楽しみにしていたが、なかなか余分に見る時間がなく過ぎていたが、週末、時間ができ、一気に1〜3話まで見た。1話をみただけでおもしろいと感じ、早く次がみたくなったからだ。

パク・シニャン、ドラマを見ると思ったよりもやせていた。顔が大きく写っているのか、もっとおじさんだと思っていたけど、33歳の設定。イ・ドンゴンは年の近い甥として出てくる。この二人と主演の女性との恋愛ドラマのようだ。
主演女優は、「イヴのすべて」で見たことがあり、髪をおろすと雰囲気が全然違うように感じた。今回の役にぴったり!とってもかわいい。

女性を本気で好きにならないハン・ギジュがカン・テヨンの行動に振り回され、気になるようになる。その様子がとてもいい。はやく続きがみたいです。
|  は→パリの恋人 | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ